ガンダムビルドファイターズトライよりアドウ・サガの駆るガンプラガンダムジエンドの紹介です。
ガンプラ学園代表ソレスタルスフィアのファイター。常に自分を満たしてくれるバトルを求めています。劇中前半ではチームメイトのキジマ・ウィルフリッドぐらいしかいないと残念がっていた。後半では、クロスボーンガンダムフルクロスを扱うファイター、ルーカス・ネメシスやトライファイターズなどを強いと認めていた。
手を故障していたのもあるがあの戦闘においてはルーカスネメシスの方が強そうな気が、、

では、キットの紹介を
その前に!
こちらの写真をご覧ください。、
IMG_3365
oh....シールがいっぱい。

ピンク色のところは全てシールです。それでも足りないところがありますが。ピンクの箇所が結構あるのでここは残念なポイントですね。シールを気にしない方なら問題ないとは思います。
IMG_3357
正面から
全体像としては羽で覆われているせいかガンダムデスサイズヘルを思わせる容姿。
元となる機体はおらず、強いて言うなら歴代のガンダム悪役ガンダムのイメージを贅沢かつ下品に詰め込んだ機体とのことです。

IMG_3358
背面は羽とフィストジエンドの接続箇所があるだけで言ったてシンプルな作り。

IMG_3359
羽を広げることでアタック形態と呼ばれ、全ての武装を即時使用可能な状態となる。
この状態はアドウ・サガが本気を出さないと見せることはない。

はじめの登場時は三代目メイジンが登場するまで見せませんでしたもんね。

IMG_3364

頭部はたけのこの里のような形をしています。
横の黒い線は本来ピンクなので塗装しないといけません。シールが付属していますがこう言う凸凹なところをシール1枚ペタッと貼って終わらせるとエッジがなくなってしまう上にシールが剥がれやすくなりいいことがないので私は塗ります。
IMG_3376
脚は案外細身でした。足の先っちょはピエロのように尖って二股に分かれています。デスサイズヘルっぽい感じですね。足も何箇所かスラスターのような場所をピンクに塗る必要があります。
IMG_3361
ハンドパーツは左右に各3種類付属。
握り手、平手、専用武器持ち手です。

特に肉抜きとか細かい色分けもないのでここは優秀。

IMG_3363
専用武器持ち手で握る武器がこちら
シングルアクションタイプのリボルバー拳銃を模した大型ハンドガン。

シングルアクションというと親指で拳銃の後ろのところをしたに下ろす。やつのことですね。オート機能とかは知りませんので聞かないでください(笑)。

ハンマーや弾倉は素晴らしい造形なんだけどどうして銃口開いてないの?旧キットからの流用なの??

IMG_3360
ジョイントパーツを使ってショットジエンドは腰にマウントすることができます。デザイン性を考慮して作られたジョイントパーツではないのでマウントするとき以外は外しておいた方がかっこいいです。

IMG_3367
フィストジエンド
巨大な手の中央にガンダムフェイスというゲテモノの極みガンダムジエンドといえばこの武器といったところでしょうか。

ガンダムフェイスを展開させることで大口径ビームの砲口が現れるとともに割れ目は牙状になっているという禍々しさ。

先端にはガンダムスローネツヴァイが装備していたようなファングという武器の射出口があります。本機の場合はDEファングというらしいです。

IMG_3368
親指を除く4本の指が繋がっています。
関節は付け根部分と指の中央にもう一つの計二つの関節があります。
そのためこのようにグーパンチすることが可能。
手の甲はシールドとして機能するほどの強度を持っているためパンチぐらいで壊れることはありません。
IMG_3369
アクマッガイ形態。写真に写っているフィストジエンドの接続されているアームは設定では多関節アームになっていますがキットでは反り返った少し柔らかめのパーツなのでそんなに角度を自由にするとかはできませんでした。



IMG_3370
アクマッガイ形態の時は肩アーマーが上にスライドして中から目にあたる模様が出てきます。実際はセンサーです。その上、胸アーマーも開き巨大な口となります。巨大な口ではガブガブと噛み付き攻撃をすることが可能で、ビームなどを飲み込むこともできる。塗装するかシール貼るかしないと目も口もわかりませんな。
IMG_3371
フィストジエンドを白熱化させ的に食らいつくことでデッドエンドフィンガーを放てる。

IMG_3372
出ましたライトニングガンダムにとどめを刺した化け物イッカク。キットには、ツノ割れ形態が付属しています。ユニコーンガンダムでいうデストロイモードです。劇中では殿の割れていない状態でしたので劇中を再現することはできません。
IMG_3373
腕の付け根と首にボールジョイントによる可動軸がありますので多少の表情付けが可能です。
真っ白なのは残念ですがシールである程度補えます。
IMG_3366
腕裏には肉抜きがあります。こんなゲテモノをつけてくれただけでも感謝して、しっかりと埋めさせていただきましょう。アクマッガイの口と接続するパーツは無可動です。巻きついているケーブルの色分けも面倒なのでお金のある人は自作した方が綺麗かつ楽かなと思います。
IMG_3374
フィストジエンドに抱き抱えられるポージング。カンガルーみたいでほっこり。(*´◒`*)
IMG_3375
ゲテモノガンダムなのでポージングも独特なものが取れて楽しいです。フィストジエンドとウイングのおかげで様々な表情がつけられるというのもプラスですね。

これは仕方ないのですがもともとたくさんのネタを含んでいるMSなだけにきっとそのままでは物足りなさが残ります。その上最近のキットにしては旧キットのような作りのところが目立つところにあるので作りこみたい方にはオススメのキットになります。
  • 赤い全身を覆うマントの製作。
  • 多数の肉抜き穴を埋める作業。
  • 色分けはほぼシールに頼っているため部分塗装にしても結構な面積がある。
  • ショットジエンドの銃口を開口する。
  • フィストジエンドの切り離し。
  • 縦分割が多いため合わせ目消し。
めんどくさい&誰にでもできるけど腕次第で良し悪しがはっきり出るものばっかり、、、
まぁやってみましょうか(笑)
作例を見ているとメタリックカラーに塗っていたりと派手なデザインが多いので私はウェザリングして渋く仕上げたいと思います。

スポンサードリンク