鉄血のオルフェンズ一期に登場したカルタ専用グレイズリッターの素組みレビュー記事です。
FullSizeRender
パッケージは恐らく、あのビスケットショックとも呼ばれる
第21話「還るべき場所」
ミレニアム島でのワンシーンでしょうか、カルタ・イシュー率いるギャルホルン、地球外縁起動統制統合艦隊の勇姿が描かれています。

IMG_20180511_122617
COLOR GUIDE
色分けが結構多いです。後ほどお見せしますが付属の剣が黒一色です。赤と黄色の部分も全てシールでの再現になっているので無塗装派には厳しいキットとなっています。
IMG_3148

パイロットはカルタ・イシュー
セブンスターズ第一席イシュー家の生まれで異例の出世をし階級は一佐。
地球の軌道防衛を任務とする地球外縁軌道統制統合艦隊の司令官。大それた名前だが、実際はアリアンロッド艦隊に守られるお飾りの艦隊と言われている。それを不満に思いながらも鍛錬は怠らず、高潔さを失わずにいることから部下からの信頼は厚い。
マクギリスとガエリオとは幼少期からの知り合い。

IMG_3140
兵器としての無骨さだけではなく人類圏の平和維持を掲げたギャラルホルンの思想が反映されている。事実、記念式典への参列も任務の一部となっている。アリアンロッド艦隊が危機には対処してきたため実質戦闘データは皆無に等しい。

IMG_3143
こちらは地上用の装備でバックパックはなし。
代わりに機動力を高めるため脚部にスラスターが追加されている。

IMG_3156
肩内部にもバーニアがありました。
裏側もモールドぽくしてあります。肩アーマーが結構動くのでここの動きの付け方でポージングのよさが決まるかも。

IMG_3151
先程color guideの所で触れましたがナイトブレードは真っ黒です。シールもありませんので塗装してください。それからこれ以上腰が回りません。腰横のアーマーが胴体についているのでリアスカートと干渉します。

IMG_3152
腰横にマウントすることが可能です。
しかし、、、
IMG_3153
剣からド派手な3ミリ軸が飛び出しています。 
マウントを可能にしてくれることには感謝しますがもうちと隠して欲しかった。

IMG_3154
バトルアックス
こちらはノーマルのグレイズに付属しているものと同じです。ナノラミネートアーマーに守られたモビルスーツ同士の戦闘では直接打撃が最も有効とされている。その思想にのっとった装備です。
これまた両サイドから3ミリ軸が飛び出しています。
IMG_3155
腰にマウントすることが可能ということです。

IMG_3157
ライフル
グレイズの標準的な装備。集弾性が高く主力武器としても支援武器として価値が高い。
立膝が結構かっこよく決まりました。

IMG_3158
胸部が割と出っ張っているのと腕、手首の関節があまり柔軟でないため両手持ちは決まりませんでした。

IMG_20180511_131846
宇宙用装備に換装した状態。
太もものスラスターを外してシンプルな装甲に、バックパックを追加するだけですが大きくシルエットが変化します。

IMG_20180511_132137
背面写真

IMG_20180511_132516
余剰パーツを使用して色違いのノーマルグレイズっぽく組み替えることができます。
他にも
IMG_20180511_133321
IMG_20180511_133349
宇宙用、地上用装備と余剰パーツを無改造で付けれるだけ付けることでこんなに盛って作ることもできます!グレイズは盛れば盛るほど勇ましくゴツくなっていくので1000円くらいで1つ購入してこれだけ盛れるとなんだかお得感。

IMG_20180511_133722
名付けて全地形対応型グレイズリッター。

IMG_20180511_134304
マクギリス専用機を再現するにはナイトブレードがもう一本欲しいところですね。
プレミアムバンダイで売っていたのを買えという話なんですけど。

IMG_20180511_134520
お決まりの決めポーズで。
低価格ながらパーツの付け替えで宇宙用、地上用および余剰パーツでオリジナル付け替えが楽しめる良キットでした。ナイトブレードだけはどうしても塗らないとせっかくの式典にも使える優雅さが出ないので普段塗装しない方もガンダムマーカーのゴールドシルバーでいいので塗装することをお勧めします。

一般機を作るにはガンダムバルバトス第六形態が必要ですし、劇中で使用していた左肩の赤マントも付属しないところは残念でした。
せっかくなのでマントの自作してみたいと思います。
スポンサードリンク