真紅の装甲を纏ったガンダム出来ました!名前はアスタロトオリジン
IMG_3066
今回は機体の装甲を渋い赤に塗装。ガンダムフレームを一部ゴールドで塗装。墨入れ、RGアストレイレッドフレーム専用ガンダムデカールをペタペタと貼り付け艶消しコートで作りました。

IMG_3067
グレーの部分、塗分けたかったのですが失敗しましたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
筆塗りのほうが実は難易度高いんだよと言われてすべての塗装をエアブラシでやろうとしたのが間違いでした。筆塗りもエアブラシも得意分野があるわけで、、、
適材適所というわけですね。勉強になりました。
IMG_3085
アスタロトオリジンは他のガンダムフレーム同様エイハブリアクターを二つ搭載している。しかし、一部に特殊なエネルギー伝達機構が採用されている。アスタロトの専用装備を使用するための機構である。
と説明書にありますが、アスタロトの専用装備ってなんでしょう?気になる〜

IMG_3069
アスタロトオリジンには可変というほどのものではありませんが可変形態があります!
この時、肩部の装甲とブースター尾翼を展開します。

通常のMSの数倍にも及ぶ単独長距離移動が可能となっている。また大気圏内におあても高高度への飛翔長時間の滑空を実現し広域戦闘での有用性を期待されて開発が行われた。

ん、期待されて?ということは実際は、、、お察しということでいいですか?ウォーレンさん

※ウォーレンというのはアスタロトを所有していたギャラルホルンの一家門です。
IMG_3071
こちらが飛行形態時の尾翼。
バックパックのピンが浅くて若干抜けやすいのが難点です。
IMG_3088
肩部装甲の先には砲口のようなものが付いています。特に記述はありませんのでただのモールドかもしれません。

IMG_3073
ショットガン
有効射程距離を短めに設定したアスタロトのメイン射撃武装。高い機動性からの急速接近を得意とする機体のため中距離で効力を発揮する装備が採用されている。
右手にはショットガンの角度に合わせた持ち手が付属しています。手の甲は1つなので付け替えが必要です。
IMG_3081
ショットガンというと日本語でいう散弾銃。
複数の球を一度に発射する大口径の銃ですね。
結構モールドも細かく作られていて、浅くですか銃口も彫ってあるので無改造でもかっこいいです。
IMG_3086
スレッジハンマー
打撃武装。これを装備すると肩が維持できません。
先ほどのショットガンは腰に追加パーツを付けてマウント可能です。

IMG_3080
鉄血のオルフェンズではもはや見慣れた存在になっている打撃武器バルバトスのメイスやグシオンリベイクのハルバードとは違ってトゲトゲが無いので本当に叩き潰すイメージでしょうか。グシオンもハンマーでしたがあれは叩く反対側から火を出して加速される機構が備わっていましたから、そんなに強くなさそう。(笑)

IMG_3079
しかし、このスレッジハンマーには秘密があるんです。
IMG_3087
なんと、中から金色のつるぎが
スレッジハンマーにはもう一つ持つところがあるので単体でも装備して使うことができます。
その剣の名は
IMG_3076
「菊一文字」!
違うよ。honoriさん、、、いや、デカールを貼る位置としては最も好ましい場所なんだけどこのγナノラミネートソードこそアスタロト専用装備なんだよ。(笑)本当は真紅の刀なんですけどまっ金金に染められていました。一部赤のまま残している所に才能を感じる。
IMG_3083
圧縮したエイハブ粒子を接続ケーブルから伝送することで特殊なナノラミネート構造であるγ(ガンマ)ナノラミネート反応を刀身面に引き起こす機能を有する。γナノラミネート反応を起こした刀身は、MSや戦艦の装甲面と接触した際、ナノラミネート構造を破壊する働きがあるため、理論上は極めて強力な武装になると考えられていた。ただしエイハブ粒子の圧縮技術は安定性を欠き当時の技術をもってしても成功例は数少なく現在では完全に失われた技術。

なんか、アスタロトオリジンの設定不遇だと思うんですよね。そりゃアスタロトリナシメントに売上持ってかれても仕方ないですよ。うん。
IMG_3075
でもね、こっちもかっこいいんですよ。honoriのゴールドに塗った刀もすごく似合ってますし何より鉄血のオルフェンズの世界観で飛行能力を有するなんて他にいませんからね!
ただ上半身が結構重たいので肩のじくとバックパックのの軸は接着剤で太らせた方が自由にポージングできます。へたり無しでも肩の重さですぐに、なで肩になってしまいます。

ん、そういえばガンダムバエルって大気圏内でも飛べましたね。

、、、アスタロトオリジン良いキットですよ。

製作記事↓
スポンサードリンク