今回の記事UPしますのはサイト運営、ガンプライファーですが製作者は恋人のほのりです。
ガンダム好きというわけではありませんが、私の趣味に付き合ってくれました。(笑)

まずは、キット選びから~
IMG_2834
ガンダムに詳しくないにも関わらず、なかなか渋い選択。
私も「鉄血のオルフェンズ 月鋼」は観ていませんがオリジンは厄災戦時の姿のようで、左右対称です。
SNS上であまり見かけないのでアシンメトリーが魅力的なアスタロトリナシメントにモッテいかれたのっかな?

ランナーはこんな感じIMG_2837
ガンダムフレームはすべてこのくらいですね。
薄い赤色がちょっと安っぽいと感じました。

さぁ、組み立て中は飛ばして〜
IMG_2838
仮組み完了。
鉄血の世界で大気圏内での飛行ユニットって珍しい設定ですよね。左腰のラックにすべての武装を収納できるようになっています。
honori氏曰くフェイスがお気に入りなようです。

メンクイか、、、

この先が不安になる筆者でありました。
FullSizeRender
背中から見ると赤一色って感じで、シールはありますが、どれもカーブしている部分に貼るので、、塗装した方が綺麗に仕上がるかと思います。そういうわけでこの後、塗装に入ります。

FullSizeRender
左腰につけていた武器パーツを分解しました。
どれも個性的なデザインでかっこいいです。特に私はショットガンがお気に入りです。

FullSizeRender
honori氏が突然、「この刀切れなさそう」というので先端を尖らせておきました。

塗装墨入れ後のアスタロトオリジンがこちら!

IMG_2846
刀がGOLD​でございます。(笑)
でも悪くないでしょ?目みたいになってるところは赤いままにしたんだとか。
全身紫をほんの少し混ぜて濃いめの赤に塗り替えています。
IMG_2848
IMG_2849
マスキングに失敗してはいますが所々にゴールドを使うことでメカ感が増しているなと感じ勉強させられました(^_^)a

今後はデカール貼りして汚して渋いガンプラにする予定だそうです。

完成記事↓

スポンサードリンク