4月7日
ガンダムヴィダールを基体にオリジナルガンプラ作っていきたいと思います。鉄血のオルフェンズには北欧神話ネタがたくさん有りました。

ガンダムフレームは基本的に「ソロモン72柱」の悪魔の名前が付けられていました。が、ヴィダールは素性を隠すためキマリスの偽名として名付けられました。

ヴィダールって誰?
調べてみたところ、どこかしらのゲームで聞いたことのある神オーディンの息子らしいです。ヴィーザルという記事が多いです。フェンリルという狼を倒し神々の戦い、いわゆるラグナロク後の世界を見守った神のひとりなのだとか。

では本題の改造案がこちら
IMG_2817
フェニーチェのパーツ引っ付けただけですか!

IMG_2819
まぁそうなんですけどなんか似合いそうだったんです。マントつけたかったし(笑)
IMG_2820
バックパックはGバウンサーから持ってきました。ヴィダールはやはり機動力重視でぼちぼちですが進めていきますよ。


4月8日
まずはガンダムフレーム部分からいじります。
IMG_2821
ん?腹のシリンダーのところ
FullSizeRender
付け根にリアリティを損なう部分があるので削ぎ落としてやろうと思います。
FullSizeRender
右が削った後です。スマートなシリンダーになったんじゃないでしょうか!色を塗れば効果が出るかな?
エッチングソーで切り込みを入れてラストはデザインナイフで削りました。
ガンダムフレームはほとんど見えないのでこれくらいであとは塗り分けを頑張るとして、、、

若さ故の過ち。
汚いガンマカ塗装落としとシール剥がしをやっていきます。
IMG_20180408_110239
このパーツ達の色を取るわけです。
プラモデルの塗装落としに除光液を使うと表面が溶けるとか言いますが、やってみないと分からないのでやってみます(笑)
パーツをヨーグルトの容器に入れて、、、
IMG_2825
こんな感じでラップ→輪ゴムで縛る→シェイクIMG_20180408_113222
い、、良いただれ具合ですね(苦笑)
ということで、渋くダメージ表現を施したガンプラを作ります。

シール剥がしはこんなことは起きません。
IMG_2827
ダイソーで買ったシール剥がしスプレータイプを吹き付け、5分くらい待ちます。結構たっぷり吹き付けてください。塗装面を侵してしまいますので塗装したパーツには使えません。
IMG_2828
シール剥がし終了後のパーツです。僅かにノリが残ってしまうのでまたスプレーをかけてティッシュで一拭きすれば取れます。この後、塗装する際は必ず一度洗ってください。

やっと、本格的に切った貼ったをやっていけます(^_^;)

腹のシリンダーは先にやってしまいましたが他にもハンドパーツの指も切り離します。
FullSizeRender
ここ不自然に繋がってます。ヴィダールは手が小さくてエッチングソーで削るのが難しそうなのでナイフで切り込みを入れるだけにしておきました。IMG_2830

腰のサーベルラック内の予備の刀身は繋がってしまっているので切り離します。
IMG_20180408_125237
適当に切ってやすってオーケーです見えないからやらなくてもいいんですが一応。
ラックに合わせ目が出てしまうので合わせ目消しをした後だと、もう取り出せなくなってしまうということで、後悔しないようにやっておきました。

次回に続く
随時更新中
スポンサードリンク