ガンプラブログを始めたり、twitterに投稿したりして、人に見てもらうことが出てくるといくら趣味ブログとはいえど見栄えを気にするようになってきました。

ガンプラの製作技術はすぐには上がらないし、、、、、
良いカメラで撮ってしまうとデータの移動が面倒だし、、、、、
なら、撮影する環境をということでAmazonで検索してみると出てくるわけですが、安くて1000円。良いのを探すと4000円くらいします。
このくらいならと思い、しぶしぶレビューを見ていくと
  • シートに汚れもしくは穴があった
  • 本体に付属するだけでは光量が足りない
  • おりたたむと跡が消えなくなった

等不安になるレビューばかりでしたので

(そのわりには評価高めなのでみんな期待して酷評書いてるだけかも)

貧困モデラーの私は自作に踏み出したのです!!


まずは、いい撮影ブースの特徴と私が思うガンプラ撮影に必要なステータスを考察


  • 充分な明るさ
  • 光を被写体に均等にあてる
  • 余計なものが移りこまない
  • 高さは約40cm、横は2機以上同時に撮ることも考えて長め
  • 背景紙は白色や、黒色を使い分けたいので取り外し可能に

これらをふまえて百均へ向かいました。

そして購入した物はたったの3つ!

IMG_2562

白い模造紙と電球2個です。
この電球電池じゃなくてUSBケーブルで繋ぐので電池の付け替えの手間は不要。それにやはり電池よりコンセントからの電力の方が大きいのか明るい気がします。
ダンボールはスーパーのご自由にお持ち帰りくださいのところから取ってきて切りました。
テープはなんでも良いですしアルミホイルは家にありました。追加で洗濯バサミも使ってます。

作業工程をと思ったのですが10分で終わったので完成品の写真とともにどうぞ(笑)
IMG_2591

無用な影は写真を安っぽく見せるということで
アルミホイルをレフ板に光は二方向から当てています。画用紙は角ができるとプラモデルが小さく見えおもっちゃぽさが増すので緩やかな傾斜にするとグッドです。

では撮影してみましょう。
IMG_20180320_115753
IMG_20180320_115958

私の大好きなセイバーオルタです。ヤァ見やすくて良い写真ですねー。(棒読み)
良いかどうかはわかりませんか見やすくなったでしょ?(笑)本当は電球3つくらい欲しいところでしたがコンセントってたいがい2つセットじゃないですか。延長コードとか嫌いですしね。

当分はこれでブログの撮影していくのでよろしく


スポンサードリンク