先日、大阪で行われたガンダムベース東京POPUPイベントで購入した限定品バルバトスルプスアイアンブラッドコーティングver
2700円なので定価の2倍ほどするちょっと高級品。
FullSizeRender
箱は限定品なのでモノクロ。
アイアンブラッド、、、
鉄と血、、、鉄血!!
ってことでいいのかいバンダイさん。(笑)
名前だけでは意味不明なので実物をお見せします。

IMG_4082

中身もモノクロだった。
渋い暗めなシルバーと光を反射して輝くガンメタ風な2色成型でガンプラとは思えない金属感。ちょっと高価なディスプレイにも思える​。

ギラギラのガンメタ部分はメッキっと言いましょうか、中はただの黒いパーツなので表面を傷つけないように注意してください。

IMG_4085

セット内容は通常のバルバトスルプスと同じです。私は通常版を持っていないので通常版のレビューも踏まえて書いていきます。

IMG_4078
正面
他にもグレイズアインやバルバトス第6形態、アスタロトリナシメントが同じようにアイアンブラッドコーティングverで発売されていますがこのキットのかっこよさは別格です!
曲線との相性がいいんでしょうね!

IMG_4080
背面
バックパックのギラギラさがすごい。脚部ガンダムフレームを塗るか塗らないか悩む。

IMG_4083
肩の鉄華団マークがガンメタ成型になっていて強調されるのでグッドです。ギラギラ最高。
かっこよすぎて、どんどん語彙力に問題が出て来ているのでもう少しだけキットの説明をしたら画像で語りマス。

IMG_4086
バックパックにはアームが仕込まれています。ソードメイスを抜刀するときなどに役立ちます。特に劇中では使用していないはずです。

IMG_4088
ソードメイスをマウントすることも可能です。右にも左にも付けられます。簡単に挟み込むだけなので少し緩め。


さぁ、ポージングギャラリーといきましょう。
付属武器がソードメイスのみですがバルバトスのポテンシャルは高い!

IMG_4091
抜刀。「行こう、バルバトス」。

IMG_4093
両手持ちも可能です。角度手と組み合わせることでよりやりやすくなります。

IMG_4101
鎧のようなカラーリングになっているので剣を地面に突き立てて佇む姿は西洋の騎士の様にも見えます。

IMG_4094
逆手持ちもオススメです。

IMG_4096
対ハシュマル戦でこんな感じのポーズがあって私のお気に入りです。あの戦いではソードメイスを逆手持ちのまま攻撃したりしていて逆手持ちラブのわたしには熱い戦いでした。
IMG_4097
バルバトスといえばこのポーズ。
身の丈ほどある大型の武器を片手で担ぐ。
三日月の獣のような戦い方を象徴しているように思えます。

アイアンブラッドコーティングverでは黒っぽい図体に淡く光るエメラルドカラーの目がいいアクセントになっています。

レビューは以上です。
かっこよすぎてうまく伝えられなかったかもしれませんがここまでただの色替え限定品に心奪われたのは久方ぶりでした。ギラギラの方のプラがメッキにより色付けされているため加工するのは難しいですがぜひ素組みで楽しんで欲しいキットです。

スポンサードリンク