ユニコーンガンダム3号機フェネクス完成しました。アームドアーマーDEのマスキングに手こずっている間にゴールドメッキバージョンの発売が決まってしまい少しやる気を削がれたのですがなんとか無事終わりました。

アンテナを削り黒サフガイアカラーのブラスで塗装デカールを貼りました。

IMG_4042
縦長のガンプラってどうもうまく撮影できない。照明が足りないんですよね。

IMG_4037
全体的にデカールは少なめでメタリック感を生かすようにしました。合うデカールがなかったのもある。

IMG_4040
リアアーマーのデカールはアストレイレッドフレームから拝借。
フェネクスにはレッドかホワイトのデカールが似合いそうです。公式のイラストでもレッドとホワイトの刻印が多く見受けられます。

IMG_4038
頭部アップ
肩と頭部の間の突起は無塗装ではクリアブルー一色なので塗装してあります。
肩には3号機の意味で「03」と貼りたいところですが数字デカールは切らしていたので適当なデカールを貼っておきました。

IMG_4039
私の大好きなスラスターはスーパーシルバーで塗装。脹脛とリアアーマー内にも同様に塗装したスラスターあり。

ポージングでチラッと見えるシルバーなスラスターがメカらしさを際立たせてくれます。

IMG_4041
アームドアーマーDE黒い部分をマスキングしてからの塗装なので苦労しましたがそれなりの効果がありました。特にゴールドのパーツはウェルドラインというプラスチックを肩に流し込んで作るという性質上どうしてもできてしまうのでそれをなくすためにも塗装すると見栄えがグンと良くなるキットになります。

飾り羽のようなパーツは付け根から数えて最初の関節が外れやすいので接着してしまいました。特にポージングの際影響を受けることもなさそうなので。
IMG_4043
ビームマグナムで1枚だけ、
今までのユニコーンシリーズで散々見たと思うので割愛。

IMG_4045
ビームサーベルはビルダーズパーツのものを使用。クリアレッドとアメジストパープルの混色で塗装。クリアレッド単色での塗装よりピンクがかった色合いになり光を少し反射するようになるのでほんの少しですが綺麗になります。

IMG_4047
ビームサーベル二刀流。

FullSizeRender
フェネクスの戦闘シーンを見たことがないのでポージングは適当です。

IMG_4053
ユニコーンガンダムのこのギミックはいいですよね。ビームトンファー、最高っす!

IMG_4051
アームドアーマーDEを前向けて射撃。
HGUCではバックパックの稼働が皆無なので無改造ではできません。

IMG_4052
しっかり銃口作ってくれてるのにそりゃないよということで簡単に稼働軸を設けてみました。


IMG_4054
これがバックパックとアームドアーマーDEを繋ぐパーツ。両サイドを切断して肉抜き部分に3m軸を差し込みます。ランナーを切って使うのがいいと思います。接着したりパテで固めたりします。固定方法はお任せ。

IMG_4055
取り付けた3m軸に何らかのアームを足して関節を作ってやれば完成です。安作りですが肩とアームドアーマーDEに隠れて見えないので気になりません。
IMG_4023
gジェネをやった人ならやってみたいポーズの1つだと思うのでオススメの簡単改造です。
劇中でもやるかもしれないので今のうちにやっときましょう!

以上でレビューは終了です。
FullSizeRender
空を背景に一枚撮りました。
ユニコーンにフェニックスと神獣モチーフのガンダム。戦うイメージがまだ無いのでポージングがしにくい。(笑)
キット自体は合わせ目も少なく稼働も保持力もまずまずでおすすめ。
ですがいかんせん色分けとウェルドラインに難点がありなんです。
無塗装派の方もせめてゴールドの部分だけは塗装してほしい。この機会にガンダムマーカーエアブラシとか使ってみてもいいかもしれませんね。ガンダムマーカーのメタリックは評判がいいですし。

塗装派はゴールドにも明るめや暗め、私のようにゴールドに近いけどブラスという色を使っての塗装などゴールドの微妙な違いを楽しめるので塗料選びからやるとなお楽しいですよ。


映画も11月30日に上映スタートでPVも公開され温まってきているガンダムUCナラティブ。楽しみです。



スポンサードリンク