ようやく完成しました~( ̄ロ ̄|||)
製作中は買って後悔したガンプラベスト3に入るほどつらかったんですけど完成したらその疲れも吹っ飛びました。

ギミックが豊富な分、ブンドドの楽しみ方も豊富。

まずは本気じゃないモード
赤いマントで全身を覆った状態。
IMG_3809
IMG_3811
プラフスキー粒子によるマントで全身を覆いギミックを隠して戦術を読み解かれないようにしているそうです。一番のギミック露出してる気がしますぜ!アドウさん!

IMG_3812
ということでそのギミックで一枚。
マントを着ている時の本来の手は使わない魔人感が気にいっています。
本気出さない俺カッコいい( ̄∠  ̄ )ノ

IMG_3813
マントを外して全体像を

 IMG_3814

何とかシールは使わずに塗装のみで仕上げました。
全体的に本来の色より濃いい配色になっているのは持っている塗料に近い色がなく無理やり寄せて作った色なのでお許しください。何日も放置した後にトップコートしたものだからほこりとかの巻きこみもひどいですが、、、

IMG_3382
ショットジエンドは銃口を1mmのピンバイスで開口しました。初めてやった作業でしたがこれは効果がありますね。リアリティの追求という観点で。

想像より深く掘らないと底が見えてしまうので要注意です。

IMG_3819
ケルディムとかストライクノワールとか二丁拳銃持ちに弱いんですよね、私。カッコいいわ。

IMG_3815
ガンダムジ・エンドは専用手が付属しているのでポージングのしやすさもグッドです。

続きましてフィストジエンドです。
IMG_3823
本機の主兵そうとも呼べる大きな手型の武器。
手のひら中央にはガンダムフェイス、指先には00シリーズでおなじみのファング射出口があります。ガンダムフェイスはグレーの一色成形という無塗装派にはキツイ仕様でした。細筆で頑張って塗りましたよ〜と。

IMG_3367
素組の状態ではこのように派手な肉抜きがあるのでポリパテで埋めてみました。まだ練習中の技術なのでまだまだ汚い仕上がりですがお許しください。

IMG_3820
素組時には各指もひっついているのですが切り離すことで表情付けが豊かになります。
関節より上はデザインナイフで少し掘ってくねくね動かせば外れるので簡単にできます。
関節より指の付け根に近い側はプラモデル用のノコギリが必要です。

IMG_3821
フィストジエンドナックル!
これは指が繋がったままでもできます。

IMG_3831
ガンダムフェイスオープン。
デビルガンダムから出てくる触手みたいな感じですね。牙のような部分はシールも付属しないので赤く塗らなければいけませんがカッコよくなるので是非やって欲しい一手間です。
実に、禍々しい、、、

IMG_3834
フィストジエンドの表情付けがどうもしっくりこないので何故かと思えばアームの長さが足りないんですよ。上記写真は左右のアームを1つに集約したバージョンです。ここまでくるとインパクトはあるけどアームとアームの軸の太さが合わないのでこういう仕様にはなっていないようです。

IMG_3835
長さはこのくらい欲しいところなんですけどね。幅をもう少し狭めても良かった気がします。

IMG_3832
ガンダムジエンド最終形態。
アクマッガイです。肩と胸部装甲をスライドさせ肩を目に胸部を口に見立てた悪魔風ベアッガイ。なのかな?

肩の塗装は流石に逃げました。モールドはあるので塗れないこともないのですが、もう疲れたしわりと平たい場所なのでシールの方が綺麗かと思いましてね。
IMG_3833
最後はユニコーンガンダムもどきイッカク。
これも大体塗装しましたが細かいところはシールに頼りました。バンダイさんの技術もあってシールの方が綺麗なこともありますからね。
特に私程度の塗装技術よりは(笑)

ガンダムジエンド。真面目に作ってみて思ったのは最近のキットの中ではトップクラスに初心者向きじゃないこと!

劇中再現のレベルまで持っていくのにも相当苦労します。手間をかけるのもガンプラ作りの醍醐味ですが(笑)

私のようないろんな工具を買い始めたころのモデラーさんにはいい練習キットだと思います。
モデリングソー、デザインナイフ、細筆による塗装、ピンバイス、ポリパテによる肉抜きうめなどガンプラ作るなら避けては通れない系全部できるじゃないかくらいの。

よくセール品に並んでいるので見かけたら買ってみるぐらいがオススメのキットです。30%OFFくらいじゃ高いかな?って具合。


スポンサードリンク